こんな時代なのね。

ご訪問ありがとうございます。haruです。

お恥ずかしながら、

こんなモノを作ってしまいました。

現代の印刷技術はすごいものです。

パスケースとカードケース

写真で見るより明るい仕上がりです。

カードケースは

下地が茶色の合皮なので、

全体が暗い仕上がりに。

仕事の現役を退いて早18年

途中、

携帯用ドット絵アルバイトを

やった時期もありますが、

すっかりデジタルから離れてしまい

現代についていけず。

入社したての新人の頃は、

製図版、ホルダー、

ロットリングで図面を引き、

ロゴデザインを手書き。

写植屋さんで加工

見積りは複写紙手書き。

初期はDos/vマシンを使い、

社内全体一人に一台

パソコンが

Windows95に切り替わった頃、

印刷は、

まだ、レタッチ技術でありました。

ミスが見つかると、

製版からのやり直し。

デジタル化移行中の頃、

記憶にあるのが、

タレントさんの手のシミを消すのに

百万単位のお金がかかる。

アナログ時代でありました。

それが、

ど素人が、

自分の描いたイラストから

1個から制作できる。

こんな時代なんですね

恥ずかしいですが、

どんな具合になるのだろうと

ネット注文。

一週間で届きました。

スマホケースなんかもある。

世界で1個だけの

オリジナルね。

鉛筆の微妙な、グラデーションが

キレイに出てます。

あまり期待して無かった分

鉛筆画をここまで表現できるんだ〜

と感動しました。

カラーなら、また、別な良さが出そう。

欲しい人、

出てくるかな。?笑

60憶人中に、数人

haruファンがいるかも

子供たちには

キレイだね〜と好評でした。

なんて、

恥ずかしながら

ニーズを考え初めた。

妄想女子でありました。

()

ではまた。