ゴルフショットスライス考察

スライスが一概に悪いとは言えません。

弾道に横回転ゼロはほぼあり得ませんから

左、もしくは右の回転のいずれかが必ずついて回り、

単にゴルフクラブの構造上、右回転の時は

大きなロフト〜ロフトを開いて打ってしまっている

ケースが多いので

スライスが好まれていないに過ぎません。

とは言うものの

それも含めスライスは誤解されている

スライス抑制も誤解されているので

正しい認識が必要です。

スライスは二つの定義によって生まれます。

ヘッドの動いている軌道に対しての

フェース面の向きで横回転は決まります。

動いている軌道の進行方向垂直に対し

フェース面が左を向いていれば左回転が入ります。

フェース面が右を向いていれば右回転が入ります。

ですので単純なるフェースの向きの調整修正

アドレス時の飛球線方向に対する

フェースの向きではありません。

スイングの動作を簡略化する、シンプルにする

少なくする簡単にするという点に於いては

その軌道が自然にインサイドからの方が

打ち手の仕事は当然少なくなります。

一般に呼ばれるアウトサイドインは

振り遅れですので、根本的には論外ですが、

それを許したとしても外から入ってくる軌道に対し

閉じたフェース造りは仕事の量も速度もより必要になります。

正しくインサイドからヘッドを入れて来れるのであれば

インパクトも含め、ダウンスイングの過程では

フェースは右を向いていますし、

体の回転通りの軌道向きというのは整合します。

軌道そしてそれに対する適正なフェース面の向き

を同時に達成するのには

体の回転でクラブを動かすほか選択はありません。

手さばきでインサイドを造ると

概ね体に対してヘッドが右に位置しますので

当然大きく開きすぎた状態になってしまい

ダウンスイングの後半インパクトの直前に

大きな素早いフェースターンが必要になります。

と同時に実際振り遅れのスイングには

ボールと正対する時間は存在せず、

無理に体を止めない限り、右向きからいきなり左向きに

なってしまうので、両腕の長さが調整し辛くなり

常時どちらかの腕の余りに困ることになります。

現在、主流になっているスイングは

意図的な煽り打ちを造り

高打ち出し低スピンでドライバーのみを打つための

スイングです。

体を開いてフェースターン必須なだけでなく

体の開き分だけ煽り打ちになりますから

平均的なヘッドスピードでは飛ばないばかりか、

動き盛りのプロですら選手寿命を極端に短くする

非常に負担の大きなスイングです。

私見ではありますが、このスイング論が主流である限り

ゴルフ人口の激減に歯止めはかからないと思います。