7月17日(月・祝)#DRAGONGATE@三重県立ゆめドームうえの〜RAIN BOW GATE 2017最終戦

【第0試合】

△ドラスティック・ボーイ

(5分0秒 時間切れ引き分け)

△Ben−K

【第1試合】

土井成樹

吉野正人

ビッグR清水

vs

CIMA

ドラゴン・キッド

Gamma

▼年に一度の真夏の祭典、神戸ワールド記念ホールまで1週間を切り、選手達は最終調整に余念が無い

ツインゲートのベルトを懸けて対決する、CIMA&キッドと土井&吉野は文字通り最後の前哨戦となった

ファーストコンタクトからCIMAと吉野が激しくやりあう。吉野のチョップを胸で受けたCIMAはドロップキックを放つ。吉野も着地し、両者一歩も譲らず

吉野はキッドの胸板に強烈なチョップ。キッドも返すが、吉野には効かず。最後は土井がバカタレ・スライディングキックでGammaをピンフォール。最後の前哨戦はチャレンジャーチームが制す

土井成樹

(15分25秒 バカタレ・スライディングキック)

×Gamma

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第2試合】

◎3WAYマッチ◎

斎藤“ジミー”了

vs

“ハリウッド”ストーカー市川

vs

松山勘十郎

松山勘十郎が古巣に里帰り。伊賀上野のあたたかいファンに迎えられる

開始のゴングが鳴り、斎藤と市川がロックアップ。勘十郎は蚊帳の外。勘十郎は、最初だけだとたかをくくり、再度ロックアップ

しかし、またも仲間(?)に入れず。3WAYの変則ルールに戸惑う勘十郎。斎藤にロープ渡りを決め、市川にチェンジ

しかし、斎藤は市川には付き合わずに市川を即落下させる

斎藤が市川のかんちょうを勘十郎に発射。最後は斎藤が市川を確実に丸め込み3カウント

○斎藤“ジミー”了

(14分31秒 横入り式エビ固め)

דハリウッド”ストーカー市川

※もう1人は松山勘十郎

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第3試合】

鷹木信悟

吉田隆司

vs

望月成晃

Eita

▼望月とEitaが越境タッグを結成。VERSERKの重量級コンビを迎え撃つ。ゴングを待たずにVERSERKの2人が奇襲攻撃を仕掛ける

ドリームゲート戦に向け、コンディションは上々のT-Hawk。Eitaに逆水平を見舞う

望月のローキックに対し、ナックルを放つ鷹木。T-Hawkのウラジゴクから、鷹木のタックル。最後は、パンピングボンバーでEitaを抑える

鷹木信悟

(12分11秒 パンピングボンバー)

×Eita

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【セミファイナル】

ドン・フジイ

吉江豊

vs

T−Hawk

エル・リンダマン

吉江豊が久々のゲスト参戦。フジイとのタッグでVERSERKを迎え撃つ。そのVERSERKの2人は忍者風のコスチュームに身を包み、オリエンタルアレンジの「LEGEND FALCONLY」で入場

T-Hawkと吉江がチョップの打ち合い。リンダマンがフジイにちょっかいを出す。最初は相手にしなかったフジイであったが、リンダのしつこさに堪忍袋の尾が切れる

フジイは怒りの形相でリンダに袈裟切りチョップの連打。続いてナックルの連打。レフェリーが止めに入る。最後はフジイが雪崩式チョークスラムでリンダをピンフォール

ドン・フジイ

(12分8秒 雪崩式チョークスラム

×エル・リンダマン

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【メインイベント】

YAMATO

B×Bハルク

Kzy

フラミー

vs

堀口元気H.A.Gee.Mee!!

ジミー・ススム

ジミー神田

ジミー・カゲトラ

ドリームゲート王者が、TRIBE VANGUARDの仲間とワールド記念ホール大会前最後の試合に挑む。対するジミーズ。こちらもブレイブ王者のカゲトラがジミーズのバックアップを受け、最後の戦いへ。

ここ最近のシリアスモードのジミーズであるが、ゴムパッチンを繰り出すなど、通常モードの攻撃も

フラミータの軽快な空中殺法が冴え渡る。ロープの反動を利用してのヘッドバッド

ファイヤーバードスプラッシュは神田がカットに。カゲトラも、フライングラリアットから、アッパーカットをKzyに叩き込み、好調をアピール。

最後はYAMATOがフランケンシュタイナーで神田を丸め込み3カウント。王者の貫禄を見せつけた。

○YAMATO

(20分37秒 全知全能のフランケンシュタイナー

×ジミー神田