男性の悩み妻に終わったことを蒸し返されるのです

ランキングに参加しております。今日もクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村

皆さま、こんにちは。

今日も札幌は暑いです。

寒さには強い道民ですが、

こう暑い日が続くと、不調を訴える方も増えてきましたので、

どうぞ、体調管理に気をつけていただきたいと思います。

さて、芸能界ではまた大きな離婚問題が取り沙汰されておりますが、

浮気不倫確定されていません。が元でこじれる夫婦関係は、

このように複雑化していくことは芸能人に限ったことではありません。

当ルームでも浮気不倫に関するご相談が多く、

浮気不倫をされた側からのご相談だけではなく、

浮気不倫をしてしまった側からのご相談もあります。

夫婦関係修復を選択し、双方で努力しているものの、

何かのきっかけで浮気をしたことを奥様に咎められるという

お話はよくあることです。

その際、

またその話か。

もう終わったことだから。

と言うフレーズは、禁句です。

浮気不倫問題に限らず、

男性の多くは一話完結型です。

その出来事が解決したら、

そこでゼロにできるか、ゼロにしたいと考えるのです。

しかし、女性の多くは長編小説型で、

その出来事が解決したとしてもゼロにはできません。

ゼロにしたくても、自分の意に反して、思い出されてしまうのです。

過去の過ちを蒸し返されたくない気持ちもよくわかります。

今の自分を見てほしいという気持ちもよくわかります。

しかし、その過ちで奥様を傷つけてしまったという事実は、

浮気不倫をした側には消せることではありません。

修復することは、離婚することよりも

エネルギーが必要であるということを、

これまでの多くの事例をみてきました。

どちらも、短期間では結論は出ません。

修復の過程で、苦しくなって、

やっぱり別れた方がいいのか

そう考えることもあるかもしれません。

一時の感情で結論を急ぐのではなく、

ご自身にとっての幸せは修復か離婚か、

答えが出るまで、一緒に考えていく、

それがカウンセリングなのです。

選んだ結論に後悔なく生きてほしいと思います。

男性のご相談もお受けしています。

カウンセリングのご予約お問い合わせはこちらへ

カウンセリングルームぽっけ

予告お仲間募集!消防職団員さん向け、手話勉強会

平成29年12月から防災関連の手話勉強会を開催します。

詳細は8月上旬、当ブログにてお知らせいたします。